イヌバーシティ【犬のしつけ教材】で愛犬のしつけの悩みを解決!

イヌバーシティ

『イヌのしつけ方がわからない』『どうしたら言うこと聞いてくれるの?』飼い主として可愛い愛犬をしつけないといけないとは思いつつ、やり方が分からずにどうしたら良いのかわからないですよね。

でも、イヌのしつけに関するお悩みをはイヌバーシティが全て解決してくれます。

イヌバーシティ公式ページを見る

このブログ記事では、イヌバーシティで本当に愛犬をしつけることができる理由を、口コミや評判、体験談などを元に紹介します。また、イヌバーシティが向いている人、いない人についてもご紹介。本当に効果があるしつけ方法を学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

イヌバーシティで犬をしつけるのがおすすめ!

イヌバーシティ

イヌバーシティについてまだよくわからない方に、イヌバーシティがどんなしつけ教材なのか紹介します。

イヌバーシティとは何?

ネットや本には載っていないしつけの方法を学ぶことが出来る教材となっています。教材開発者のしほ先生はイヌの訓練士の資格を持っているプロ。さらには、これまでに累計20000万頭以上のイヌに携わってきた豊富な現場経験を持っています。そういった経験の中で培われたしつけの技術が詰め込まれています。通常、こういった教材はDVD販売となっていますが、イヌバーシティは会員専用サイトにログインすることで教材の内容を確認することが出来る仕組みとなっています。つまり、購入しても送料などは一切かかりませんし、その場ですぐに中身を確認できるメリットがあります。会員サイトで見れるということは、外出先でもしつけの方法を学ぶことができますね!教材開発者のしほ先生がどのような経験を持っているのかは気になる所。実際に確認してみると凄いです!

イヌバーシティって誰が作ってるの?

イヌバーシティはアメリカの犬の訓練士養成学校を卒業した犬訓練・行動学専門家の飯嶋志帆先生が作成しました(以下、しほ先生とします)。しほ先生はハリウッド映画で有名なタランティーノ監督の作品に登場する犬を訓練した経歴があるプロフェッショナルなドッグトレーナーです。今はトレーナー兼、犬専門のペットホテルの経営も行っており、毎日2万頭を超える様ざなま犬種の犬と触れ合っています。ドッグトレーナーとしてはトップクラスに経験が豊富なのです。そして、このような経験を通して培った犬のしつけ術を全て詰め込んで制作したのがこの犬のしつけ教材の「イヌバーシティ」なのです。

しほ先生についてもっと知りたいという方は、YouTube上でもしつけの動画をあげているのでチェックしてみてください。

イヌバーシティでどんなしつけが学べるの?

犬バーシティ

イヌバーシティなら、愛犬のしつけのすべてを自ら学ぶことができます。

噛みつきのしつけ

手から血が出るほどに甘噛みが激し買ったり、家中の家具やコンセントのコードを噛まれてボロボロにしたり。噛みつきのしつけができていなくて困ってしまうことがありますよね。でも、イヌバーシティで学べば、イヌの興奮や噛みつき癖を治すしつけができるようになります。

トイレのしつけ

カーペットの上など、ペットシーツではないところでおしっこやうんちをしてしまうことってありますよね。でも、イヌバーシティで学べば決められた場所でトイレするようにしつけることができるようになります。

むだ吠えのしつけ

玄関のチャイムが鳴るたびに吠えてうるさかったり、犬の散歩中に他のワンコや通行人に吠えて恥ずかしいことってありますよね。でもイヌバーシティで学べばこんな無駄吠えをしないようにしつけることができます。

拾い食いのしつけ

食卓の人間のご飯を食べてしまったり、落ちたもの、落ちているものをすぐに食べてしまう悪い癖を身につけてしまう時がありますよね。でも、イヌバーシティで学べば拾い食いのしつけをうまくすることができるようになります。

飛びつきのしつけ

しつけができていないと、来客の方に吠えたり飛びつこうとする時がありますよね。でも、イヌバーシティの教材を使ってあなた自身が学ぶことで、飛びつきのしつけをつけられます。

散歩の引っ張りのしつけ

散歩中に引っ張られたり、動かなかったり、いつもワンコのペースに流されてしまうことってありますよね。でも、イヌバーシティの動画教材で学ぶことで、飼い主のあなたのペースに合わせてぴったりと隣を歩いてくれるようになります。

以上、イヌバーシティなら、愛犬の問題行動をあなた自身の手で解決できます。専門家に相談したり、料金が高いしつけ教室に通う必要もなく、理想の行動を身につけさせることが可能ですよ。

イヌバーシティ公式ページを見る

イヌバーシティの特徴

イヌバーシティ

イヌバーシティが他の犬のしつけ教材よりも優れているポイントを3つ紹介します。

仔犬or成犬、犬種問わずOK

イヌバーシティは豊富なボリュームで、愛犬の問題行動を全て解決させるための方法が揃っています。教材を作成したしほ先生が、犬種、年齢問わず、常に問題行動を抱えた子たち見ているため、そのノウハウは全犬種、全年齢に対応しています。実際にしほ先生が経営しているペットホテルに宿泊しているワンコたちに出演してもらって、この「Inuversity~いぬ大学~」は構成されています。既にしつけの出来ているワンコではなく、実際に問題行動を抱えた子たちが、着実に良い子になっていく様子を見て楽しめますよ。

しつけのプロから学べる

イヌバーシティなら動画教材の作成者はすでにお話したプロフェッショナルドッグトレーナーのしほ先生。動画教材を見ることで、あなたの愛犬の問題行動の根本的原因を突き止めることが出来るから短時間でしつけをすることができます。また、犬がうまくいうことを聞いてくれない失敗シーンもカットせずに収録しているため、焦らずに、楽しみながら実践することができますよ。

高画質のスマホ動画で学べる

DVD教材だとお家のテレビがあるリビングなどでしか学ぶことができません。そのためイヌバーシティは、DVDではなくスマホでLINEを見るように高画質動画を閲覧できるように作られています。電車の移動時間や待ち時間など、ちょっとした隙間時間に犬のしつけを学ぶことができます。

イヌバーシティ公式ページを見る

イヌバーシティ収録動画コンテンツ

イヌバーシティー

イヌバーシティーに収録されている動画コンテンツを一挙説明いたします。

イヌバーシティ 犬のお勉強編〜飼い主さん向け動画コンテンツ〜

飼い主さんの現状
一般的な飼い主さんが、どんな状態にあるのかという事についての講義です。訓練士として活動する中で、犬の行動に困っているたくさんの飼い主さんと関わり、感じて来たことをまとめています。自分が今どういう状態にあるのか、何に悩んでいるのか、どうしたいのかという事をしっかりと分析して把握することで、スタートラインをしっかりと引き、教材を進める中で成長を実感できるようにするための内容になっています。「これ、私だわ!」と思う部分もあるかもしれませんし、一方で「私はそうじゃない」と思う部分も出てくるとは思います。また、「私だけじゃないんだ!」と勇気づけられることもあるかもしれません。
なぜ犬は問題犬になるのか
多くの飼い主さんは、愛犬の問題行動に直面したときに、「問題行動をどうやって直すの?」と、具体的な手法を探るばかりです。それより前に、「なぜ問題行動をするようになってしまったのか?」を知る必要があります。この動画は、その「なぜ」にフォーカスをした講義です。多くの飼い主さんにとって耳の痛い内容になっていますが、犬のしつけに悩む飼い主さんに、まずは問題の本質を分かっていただくため、オブラートに包むような表現はせずにストレートにお話をしています。いわば、「ダメ出しの動画」です。
犬の成長について
犬の成長過程と、その時々に必要な接し方やしつけについての講義です。犬を育てる上で、多くの飼い主さんたちが犬の成長過程について誤解をしています。犬の成長はとても早いです。いつまでも子供だと思って接していると、飼い主さんが成長の速度についていけずに、様々な行動への対応が出遅れてしまいます。飼い主さんが犬の心の成長の進み具合を把握しておくことで、「今、目の前で起きてること」への理解が変わってきますし、問題行動を未然に防ぐために「今」何をしたらよいのかが見えてきます。また、人間の成長過程とは根本的な違いもあります。そこをきちんと理解した上で犬を育て、「こんなハズじゃなかった!」を無くしていく手助けにもなる内容になっています。
三大柱:主従関係
健康な心をもち、飼い主さんとの絆をしっかりと育むしつけをしていくにあたり、絶対に外せない柱が3つあります。私は「しつけの三大柱」と呼んでいます。その三大柱は1.主従関係 2.コミュニケーション 3.社会化です。この動画では、柱の一つである「主従関係」についての講義です。主従関係という言葉には、「誰が守る側で、だれが守られる側なのかをはっきりさせる事」です。”有無を言わせずいう事を聞かせる”ようなマイナスイメージがあるようですが、そのような誤解を解き、本当の意味で人と犬が固い信頼関係で結ばれる「主従関係」について詳しくお話をしています。
三大柱:コミュニケーション
しつけの三大柱の二つ目、「コミュニケーション」についての講義です。コミュニケーションとは、”意思の疎通”です。コミュニケーションと聞くと、人間同士での言葉のやりとりが一番に思い浮かぶかもしれません。ですが、当然ながら、犬は犬同士で、犬なりのコミュニケーションを取って暮らしています。犬が人に飼われたら、元々コミュニケーションの方法が違う動物同士が、同じ群れのメンバーとして暮らすことになるのですから、お互いに「こうやってコミュニケーションを取っていこうね」という取り決めをしなければなりません。お互い好き勝手に「自分にとって自然」なコミュニケーションの取り方で、相手との意思疎通を測る事を強要していたら、いつまで経っても分かり合えません。飼い主さんの仕事は、犬にとっては「異質で未知」である”人間の群れ”の仲間とのコミュニケーションの取り方を教える事です。その「人と犬とのコミュニケーション」についてお話をする内容になっています。
三大柱:社会化
しつけの三大柱の三つ目、「社会化」についての講義です。「社会化」とは、自分が生きていく環境の中で、何が怖いもので、何が怖くないのかの判断基準を養うという事です。今、社会化体験が不足しているために、小さなことで驚き、自分で気持ちを消化することが出来ない「ビビリ犬」が増えています。社会化の目的は、犬を「どっしりと落ち着いて、小さなことでオロオロ・ビクビクしない、明るく大らかな犬に育てること」「ストレスのかかる状況であっても、短時間で平常心に戻ることが出来る”ストレス耐性”をつけること」です。この講義では、社会化の進め方や、コツなどについての内容になっています。
犬の学習方法
犬が新しい事を「学習」するとき、犬に何かを教えようとするとき、犬が何かを学ぶとき、必ず必要な3つの要素があります。1.タイミング 2.一貫性 3.モチベーション。この3つが揃って初めて、犬は人が決めたルールを「理解」することが出来ます。逆に言えば、この3つの中の一つでも欠けていると、学習はうまく進みません。この動画は、犬の学習方法である、この3つの要素についての講義なります。
愛犬のカルテを作ろう
この動画では、「愛犬のカルテ」のつくり方ついてお話をしています。愛犬のカルテとは、一言で言うと、「どんなルートで目標にたどり着くのかを示す地図」です。「問題行動で悩んでいる現状」から、「具体的に悩みを分析」し、「なぜそうなってしまったのか」を考え、「どうなってほしいのかを明確に」し、「そのためには何をすればいいのか」を導き出して、”理想の犬”を作る道筋を立てていきます。これを作っておくことで、今どこにいて、これからどこに向かい、すべきことは何なのかが明確になり、しつけに迷いが生じなくなります。闇雲に叱ったり、道を間違えるリスクをなくすために、とても大切なプロセスです。

イヌバーシティ 実践を始める前に〜準備編〜

仔犬のしつけの考え方
この動画では、仔犬をしつける上で、まず最初に飼い主さんが知っておかなければならない事についてお話をしています。仔犬のしつけは、成犬のしつけとは少し違います。生後5か月くらいまでの仔犬は、接し方ひとつで、行動も大きく変わってきます。「何が正しいのか」「人間ってどういう存在なのか」「人間社会ってどういうものなのか」を全く知らない子供に対して、「いう事を聞かせよう」としても、意味のない事です。仔犬を「従わせる」というイメージは捨て、仔犬の飼い主さんの仕事は、「人間社会ってこんなところだよ」「恐がらなくても大丈夫だよ」と教えてあげることです。「楽しい」「嬉しい」経験を通して、仔犬が自ら正しい行動が選べるように、間違った行動に興味が無くなるように環境を整え、心が健全な犬に育つよう、飼い主さんが誘導していくための内容になっています。
イヌとの基本的な接し方
この教材では全編を通して「しつけの仕方」についてお話をしていますが、敢えて「教える時間」として接する時間以外にも、飼い主さんとの犬のふれあいは続きます。この動画では、そのような時間をどのように過ごすのか?どのように犬と接していくのかについてのお話しをしています。とてもシンプルで、ごく当たり前の事なのですが、ついつい忘れがちになってしまう部分でもあります。これからしつけをしていく上で、この基本的な接し方がズレていると、しつけが入りにくなってしまいます。「しつけ」として、基本を教えるプロセスが終った後、この先長い犬との生活の中で、いちいちうるさく指示をしなくとも、お互いがお互いを分かり合い、穏やかにコミュニケーションが取れる生活を目標にするために、この「日々の接し方」もとても重要です。
実践を始める前に
これからしつけの実践を始める前に、心得ておきたい大事なことをまとめた動画です。「褒める事・叱る事の割合」「1回のセッションの長さ」「犬の記憶」「号令を掛けるときの基本」「褒め方・叱り方」「飼い主さんの声のトーン」「食欲について」などについて、紹介しています。
リードの扱い方
犬を飼っているのにリードを使ったことがない、という人はなかなかいないと思います。そんな、誰でも持っている、誰でも使っているリードですが、多くの飼い主さんはリードの用途の認識を間違えています。リードは「犬が逃げないようにするための道具」でもなければ、「犬をコントロールするための道具」でもありません。リードの使い方ひとつで、犬の行動が変わります。この動画は、そんな「リードの正しい使い方」についての内容です。
グッズ紹介
ケージ、リード、首輪、クリッカー、おもちゃ、ベッドなど、訓練で使うグッズの他、普段の生活に必要なグッズなども紹介しています。便利なグッズも、正しく使うことが出来なければ、効果も半減してしまいます。正しい使い方、間違った使い方、誤解などについても詳しくお話していますので、これから犬との生活を改善していこうとされているみなさん必見の動画です。
訓練中の生活のさせ方
犬に気をつかって生活していらっしゃる方って、とても多いですね。犬に振り回される生活を継続しながらでは、せっかくしつけの実践を頑張っても効果が出にくくなってしまいます。まずは生活を根本から見直すことから始めましょう。「犬のやる気を引き出し、飼い主さんを大好きにする生活パターン」を紹介し、将来出来る限りの自由を与えることが出来るように、「今させておくべき生活」についてのお話ししています。

イヌバーシティ 実践〜基礎編〜

犬との遊び方
この動画では、犬との遊び方をお見せしています。犬との遊び方は、ものすごく大切です。犬と楽しい遊びをすることができれば、飼い主さんのことが何よりも大好きな犬に育てることが出来ます。世界で一番楽しいのは飼い主さんであると思っている犬は、言うことを聞いてくれやすく、また訓練が入りやすくなります。楽しい遊びの中にもルールがある事を教えて行き、飼い主さんがリーダーであること、飼い主さんは世界で一番楽しくて素敵な人だという事、そして、正しい要求の伝え方を教えていきます。
ごはん・おやつの待てのしつけ
「待たせる」=「ガマンさせる」と言うのは、しつけをする中でとても重要な要素です。訓練が進むと「お座りでの待て」などを教えていきますが、それを教える前段階として、まずはご飯やおやつの待てを教えると効果的です。この練習が「正しい要求の仕方」にもつながります。この動画では、その「ご飯・おやつの”待て”」の教え方を指南しています。
来いのしつけ
呼び戻し(呼ばれたら来る)の教え方をお見せする動画です。「来い(おいで)」を徹底して守らせることで、飼い主さんに従う事を、自分の欲求より優先させなければいけないことを教えてゆきます。「呼ばれたら必ず来る」」はしつけの中でも難易度が高いものになりますが、これをマスターすれば主従関係の構築がグンと成功に近づきます。
ホールドスチル
犬を抱いてホールドし、噛んだり暴れたりしても思い通りにはならなことを教える練習です。これはやり方にコツがいりますが、主従関係を築く上でとても大事な練習です。犬は、「この人は自分よりも弱い、頼りない」と判断すると、自らがリーダーになろうとします。人間であるあなたを「守らなくてはいけない」というプレッシャーの中で生活しなくてはならなくなるのです。愛犬を安心して生活させてあげるためにも、このホールドスチルは非常に重要なステップになります。
社会化についてのしつけ
座学の社会化では、社会化とは何かについて学びましたが、この動画では実際の社会化の進め方をお見せします。恐怖を自ら克服したり、どうしても踏み出せない一歩を手助けする方法などを紹介しています。この社会化をクリアすることが出来れば、動物病院でおびえたり、散歩中に他の人や犬にほえるような行動も改善されます。
クリッカー訓練
クリッカーというツールを使って、人間の言葉の意味と、”Yes!”(正解!)を教えていくプロセスをお見せする動画です。これがコミュニケーションの基盤となります。「1、犬のお勉強編(座学)」の「犬の学習方法」でお伝えしているように、犬は人が決めたルールを理解するには1.タイミング 2.一貫性 3.モチベーション。これらが重要になってきます。このクリッカー訓練はこの3つのルールを理解させるために非常に役に立つものであり、犬にとっても、飼い主さんにとっても楽しく、犬の学習を進めることができます。
クレートトレーニング
外の物音や動きにも惑わされずに、しっかりと安心して休むことが出来る犬にするのは、とても大切なことです。クレートとは、犬の寝床のためのケースであり、「安心できる場所がある」という事は犬にとって非常に大切なことです、また、飼い主さんにとってもメリットが多く、災害などがあった時に一緒に避難できる可能性が高くなる、便利なお助けアイテムです。(※災害時の動物の保管方法については、各自治体によって指定されている場合がございますので、そのルールに従ってください)
ダメの伝え方
褒める事をメインとしたしつけをしていても、必ず「ダメ」は教えなければいけません。褒める事しかしていないと、犬の気分次第で、言う事を聞いたり聞かなかったり・・・という風になってしまいます。犬のしつけには、必ず「主従関係」の要素が絡んできます。主従関係を築くためには、飼い主がルールを提示し、それを犬にきちんと守らせていくわけですが、ルールがあるからには必ず「守らなかった場合」の対応が必要になってきます。犬が教えられたルールを守らなければ、必ず「ダメ!」を伝えなければなりません。この動画では、その「ダメ!」の伝え方ついてお話をしてゆきます。要は「叱り方」ですね。
プレイスのしつけ
主従関係を築くために、ルールの中に「制限」が必要ですが、「プレイス」はそれを徹底して教えます。この動画では「プレイス」の教え方をお見せします。制限を守るという行為は、犬の群れの下位メンバーとしての本能を刺激し、「飼い主の人が守ってくれる」思考も芽生えます。これを徹底することで、主従関係の奪還にとても効果がありますし、落着きのない犬を落ち着かせる、無駄吠えを止めさせるなど、実生活での活用度も広いものです。
待てのしつけ
この動画では「”動いて良い”と言われるまで座って(伏せて)待つ」事を教えます。ここで教えることは「ガマン=自制」です。自分の欲を抑えて飼い主のいう事を聞くという事ですね。多くの実践の中でも、一番大事な項目です。このステップをしっかりと固めておくことで、「飼い主の事を尊重し」「自制する」ということを学びます。この自制が全ての問題行動を直す基盤となります。この気持ちがなければ、主従関係は築かれません。
リーダーウォークのしつけ
リーダーウォークとは、リードが緩い状態で犬を散歩させることを言います。リードをグイグイ引っ張って歩いている時、飼い主はリードの先を持っている邪魔な存在でしかなくなり、「いう事を聞かなければならない人」という意識がなくなります。「飼い主さんは自分にどうしてほしいのだろう」と考える事もなくなります。この動画では、犬がリードを引っ張ったときの対応、傍を歩く事を教えるステップを紹介しています。
実生活での応用
お座りができても、ふせが完璧に出来ても、実生活で活用することが出来なければ意味がありません。この動画では、基礎で教えた事を、どのような形で実生活で活用していくかをお見せします。「おすわり」「ふせ」の応用。「クリッカー訓練」の応用。「リーダーウォーク」の応用。「プレイス」の応用。「来い」の応用。これらの応用術をご紹介しています。

イヌバーシティ 実践〜問題行動編〜

トイレのしつけ
ここの動画でご紹介するトイレトレーニングの方法では、成犬でトイレのしつけが出来ていない犬、仔犬を飼ってこれからトイレを教えたい犬の両方ともに、トイレを覚えさせることが出来ます。家に来たばかりの仔犬ならば2週間ほどでトイレを覚えます。成犬になってからでも、正しい手順で教えることで解決させることができますのでチャレンジしてください。また、世の中にはびこる、「トイレのしつけの誤解」についてのお話しもしています。
甘噛みのしつけ
甘噛みというのは、仔犬であれば誰にもあるものです。仔犬の甘噛みは、叱って直すのでもなく、無視して直すものでもありません。正しい接し方・遊び方で直してゆきます。この動画では実際に甘噛みがひどいワンちゃんたちに登場してもらい、甘噛みをさせなくする方法を紹介します。
無駄吠えのしつけ
玄関のチャイムに吠えてしまう、外の物音に向かって吠える、朝早くから吠えてしまう等、「吠える」事にまるわる問題行動の直し方をお見せする動画です。無駄吠えと言っても、裏にある犬の気持ちは様々です。一律「叱って」直すのではなく、”無駄吠えをしてしまう原因”を探ったうえで、正しい方法で吠えることを止めさせて行きます。
拾い食いのしつけ
拾い食いは、犬に時に危険をもたらします。散歩中にタバコを食べてしまったり、家の中でも異物を飲み込んでしまったりすると、開腹手術なんて事も考えられます。食べたものによっては最悪死に至る事も。この動画では、犬に拾い食いをしてはいけないことを効果的に教える方法をお見せします。大切なあなたの愛犬を守るためにも、しっかりとチェックしてください。
飛びつきのしつけ
飛びつきは、小型犬の場合にはあまり問題視しない方が多いですが、これは大いに問題のある行動です。それは、主従関係を逆転させる原因となってしまうからです。(大型犬の飛びつきの場合は、最悪飼い主の人が押し倒されることもあり、問題視されやすいです。)なぜ飛びつきがいけないのかについての詳しいお話から、実際に飛びつきを直すところまでをお見せしています。飛びつきがいけない理由を知ったら、今すぐにでもあなたもその問題行動を解決しなくては、と思うでしょう。
脱走のしつけ
脱走は、犬の生命を危険にさらします。都市近郊の住宅地であれば、交通事故に会う可能性も高まりますし、郊外であれば、その他の野生動物に傷つけられることもあります。そして何よりも、脱走した犬を保管した人が、保健所へ預けてしまい、あなたが見つけ出す前に殺処分になってしまう可能性もあるのです。この動画では、脱走をさせないために普段から室内でもルール作りをし、守らせていくステップをご紹介します。
攻撃的なイヌのしつけ
攻撃的とはいっても、原因も攻撃する相手も様々です。この動画では、代表的な攻撃のケースについて、実際の直し方をお見せしていきます。飼い主に対して攻撃的(権勢症候群)、独占欲から来る攻撃、恐怖から来る攻撃、犬に対して攻撃的、縄張り意識から来る攻撃。
食糞のしつけ
ウンチを食べてしまう「食糞」に悩まされている飼い主さん、意外と多いのではないでしょうか?食糞は、ただ「気分的に汚い」だけではなく、いろいろな危険が潜んでいます。お散歩中に、見知らぬ犬のウンチを食べてしまったら、寄生虫に感染したり、深刻な病気がうつってしまう事もあります。犬が本来本能として持っている衛生観念が薄れる事で、トイレのしつけ全般がしづらくなるというデメリットもあります。食糞が習慣化してしまう前に、早急に直してゆきたいものです。この動画では、食糞の原因と、それぞれの処法を紹介しています。

イヌバーシティの口コミや評判

イヌバーシティ口コミ評判

イヌバーシティの教材でしつけを学び実践した方の口コミや評判、体験談を紹介します。

イヌバーシティで犬育児ノイローゼから解放された夫婦の口コミ

飼い始めたころは本当に噛みつきが多く、「犬育児ノイローゼ」になってしまうほどに困っていました。ですが、せっかく家族として迎い入れたわけですし、一緒に色々とお出かけしたりしたいと日々思っていたんです。このしほ先生のしつけ術を実践するうえで最初に変わったのは、飼い主である家族みんなの意識です。「育てる責任」を感じることが出来、毎日が楽しくなってきました。愛犬のゴン太も、問題行動が改善されただけでなく、家族みんなの目をしっかりと見てくれる回」数が増えてきた他、他の犬とのコミュニケーションもとれるようになりました。このしほ先生と出会ったおかげで、ただ、かわいいと思うだけではなく、一緒に生活をしていくうえでのしつけの大切さを理解することが出来たので、今では、きちんとしかり、きちんと可愛がれるようになったと思います。これからはゴン太と一緒に旅行やご飯を食べに言ったりと、たくさん家族みんなと行動していきたいです。

いぬばーしてぃで愛犬のいたずらをやめるいい子に!

愛犬のチョコは見ての通りの大型犬ですので、散歩のときやお客さんが来た時など、他の人に迷惑をかけたくなかったので、飼い始めて間もなくしほ先生のしつけ術を実践しました。いたずらなどをするとき、この子は凄い力なのですが、「NO」というとしっかりとやめるので、一緒での生活が凄く楽です!人間の言葉をなんとなくですが理解できている気がしています。飼い始め直後は犬中心、犬主導の生活でしたが、しほ先生の指導術を聞いてからは、自分の生活に犬を合わせるようにすることができ、振り回されるようなことが無くなりました。これからは、この子と一緒にカフェでランチをしたり、旅行をしたり、公園で自由に遊びまわり、「こい」と号令をかけたらすぐに駆け寄ってきてくれるチョコとの時間を大切にしたいです。

犬バーシティで主従関係ができ無駄吠えもなくなったと評判

しつけに真剣に取り組もうと思った理由は、毎日の散歩も引っ張られ、そしてケージからは脱走して家じゅうの家具などをめちゃくちゃにされてしまったからです。しほ先生のしつけ術は、効果もすぐに現れ、ビリーは落ち着きのない子だったのですが、興奮も少なくなって顔つきも変わりました。合わせて、無駄吠えも無くなるようになったんで最初にしほ先生から教わった「犬中心から人中心へ」「犬に振り回されない生活を」ということが実践できるようになり、主従関係がしっかりと出来ています。いまはいろいろな環境に触れさせることを練習中で、もう少しで、カフェやランチ、旅行にもチャレンジ出来そうです。

もっと口コミを見たい方はこちらをタップ!

イヌバーシティはこんな人におすすめ

イヌバーシティ

イヌバーシティで学べば、本当にしつけたいと思っていることができるようになるのかな?と疑問を抱いている方へ、イヌバーシティがおすすめできる人の特徴をまとめました。

イヌバーシティがおすすめな人

  • 犬のしつけが上手にできない
  • 主従関係が上手くいかない
  • トイレのしつけがうまくいかない
  • 無駄吠えで近所迷惑になる
  • 犬の拾い食いが酷い
  • 食糞してしまう
  • 散歩中に引っ張られてしまう
  • 顔のなめ回しが酷い
  • はねて飛びついてくる
  • トリマーや動物病院では震えて可哀想
  • しつけをしてもすぐに効果が戻ってしまう

これらのいずれかに当てはまるものがあれば、イヌバーシティはあなたにピッタリのしつけ教材です。ぜひ検討してみてください。

イヌバーシティの値段、安く買う方法

イヌバーシティ

イヌバーシティの値段は19800円です。購入できるのは公式ショップだけなので、そこで一括払いにするか、3分割にするか、24分割にするか検討してみるのが良いでしょう。

ちなみに犬のしつけ教室に通った場合、高いところだと1か月15万円以上のものもあります。一方で安いところを探して済まそうと思っても、そこが本当に信頼できる教室かどうかわかりませんよね。実際のところ、確実にしつけができなければ何の意味もありません。

そのため、確実にしつけができるイヌバーシティを使って、お得に愛犬のしつけを行うことをおすすめします。

イヌバーシティ公式ページを見てみる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする